第04章 前置詞

前置詞の用例

用法 後続の格 意味
ἐις την οἰκιαν 対格 家の中へ
ἐκ της οἰκιας 属格 家の中から
ἐν τῳ κοσμῳ 与格 世の中で 世で
εἰς τους οὐρανους 属格 天の中へ
προς τα προια 対格 船に向かって
ἐκ της οἰκιας 属格 家の中から
ἀπο του ἱερου 属格 神殿から
ἐν τῃ ἐκκλησιᾳ 与格 教会の中で 中に
εκ της καρδιας 属格 心から
εις τον ὀχλον 対格 群衆の中へ
απο αὐτου 属格 彼から離れて
παρα την θαλασσαν 属格 海のそばを
παρα του θεου 属格 神のもとから
παρα τῃ θαλασσῃ 与格 海のそばで
ἐπι το βιβλιον 対格 本の上へ
ἐπι της γης 属格 地の上で
ἐπι του Ἰησου 属格 イエスの時代に
ἐπι τοις οὐρανοις 与格 天の上で 中で
ἐπι ἀρτῳ 与格 パンによって
δια τον ὀχλον 対格 群衆のゆえに
δια του ἀγγελου 属格 使者を通して
κατα νομον 対格 律法に従って
κατα του Ἰησου 属格 イエスに反して
μετα το σαββατον 対格 安息日の後で
μετα αὐτου 属格 彼と共に
περι τον Παυλον 与格 パウロの周りで おおよそ~
περι ἁμαρτιας 属格 罪に関して
ὑπερ την γην 対格 地の上で
ὑπερ του τεκνου 属格 その子のために
ὑπο νομον 対格 律法のもとで
ὑπο Πετρου 属格 ペトロによって by~
ἐνωπιον του θεου 属格 神のみ前で
ἐξω της οἰκιας 属格 家の外で
ἑως του σαββατου 属格 安息日まで
προ σαββατου 属格 安息日の前に
συν αὐτοις 与格 彼らと共に
δἰ αὐτου 属格 彼を通して
περι ἁμαρτιας 属格 罪に関して
ἐξ οἰκιας 属格 家の中から
μετ’ αὐτων 属格 彼らと共に
δια τον νομον 対格 律法のゆえに
κατα του θεου 属格 神に反して
ὐπερ του κυριου 属格 主のために
παρα του θεου 属格 神のもとから
δια του Χριστου 属格 キリストを通して
περι της ἀγαπης 属格 愛に関して
ὑπο την γην 対格 地のもとで
δια τον λογον 対格 言葉のゆえに
προς τα προια 対格 船に向かって
περι του ἱερου 属格 神殿に関して
ὑπερ του τεκνου 属格 子供のために
μετ’ αὐτου 属格 彼と共に
κατα τον λογον 対格 言葉に従って
κατα του Χριστου του θεου 属格 神のキリストに反して